認識とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

認識

「認識が違う」などのように使う「認識」という言葉。

「認識」は、音読みで「にんしき」と読みます。

「認識」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「認識」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

認識の意味

「認識」には次の意味があります。

認め知ること。物事をはっきり知り、その意義を正しく理解・弁別すること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「認識」をわかりやすく言うと「今まで存在や意味を気に留めていなかったモノやコトをはっきりと認め、その存在や状態など事実に基づいて正確に理解すること」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・すると科学の目標は認識だという想定は必ずしも絶対ではないことになる。
(出典:戸坂潤『生産を目標とする科学』)

・官庁資料の公開は民主政治に大きな関係があることを認識すべきである。
(出典:中井正一『調査機関』)

・その文章を読んで以来、芥川に対する私の認識は歴然と変つたやうです。
(出典:坂口安吾『女占師の前にて』)

・ただ具体それ自身の面白さのために、具体的な認識がそこに行われる。
(出典:豊島与志雄『表現論随筆』)

・故に生活の目的は、彼等にとって価値の認識、即ち真や美の観照である。
(出典:萩原朔太郎『詩の原理』)

類語

感触 (かんしょく)
意味:外界の物事に触れて心に感じること。(出典:デジタル大辞泉)

所論 (しょろん)
意味:論じる事柄。(出典:精選版 日本国語大辞典)

心証 (しんしょう)
意味:ある人の言動が他の人の心に与える印象。(出典:精選版 日本国語大辞典)

一家言 (いっかげん)
意味:その人独特の意見や主張。(出典:デジタル大辞泉)

見解 (けんかい)
意味:ある物事についての価値判断や評価。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました