誇示とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

誇示

「力を誇示する」などのように使う「誇示」という言葉。

「誇示」は、音読みで「こじ」と読みます。

「誇示」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「誇示」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

誇示の意味

「誇示」には次の意味があります。

誇らしげに示すこと。得意になって見せること。(出典:デジタル大辞泉)

「誇示」をわかりやすくいうと、得意げに見せびらかすことです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ 単縦陣をとった連合艦隊はその威容を無言で誇示しているように映った。 
(出典:辺見じゅん『完本 男たちの大和(上)』)

・それは、自分の力を誇示するための形式的な爆撃のようなものだった。 
(出典:川上宗薫『赤い夜』)

・他の患者とは違うのだということを誇示するようなところがあった。
(出典:山口瞳『人殺し(上)』)

・度の過ぎた誇示や自慢は、どこの国の人にとっても嫌なものには違いない。
(出典:呉善花『新 スカートの風』)

・結局あなたは、恐怖で人を屈服させることでしか自分の力を誇示できない。
(出典:松岡圭祐『千里眼 The Start』)

類語

顕示けんじ
意味:わかるように、はっきりと示すこと。(出典:デジタル大辞泉)

ひけらかすひけらかす
意味:得意そうに見せる。見せびらかす。自慢する。(出典:デジタル大辞泉)

見得を切るみえをきる
意味:ことさらに自分の力を誇示するような態度・言動をする。また、いい所を見せようと無理をする。(出典:デジタル大辞泉)

此れ見よがしこれみよがし
意味:得意になって人に見せびらかしたり当てつけがましくしたりするさま。(出典:デジタル大辞泉)

示威じい
意味:威力や気勢を他に示すこと。デモンストレーション。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました