誇張とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

誇張

「出来事を誇張する」などのように使う「誇張」という言葉。

「誇張」は、音読みで「こちょう」と読みます。

「誇張」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「誇張」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

誇張の意味

「誇張」には次の意味があります。

実際よりも大げさに表現すること。(出典:デジタル大辞泉)

簡単に言い換えると、リーダー職ではないもののプロジェクトに参加して、チームをまとめた経験があったため周囲にリーダー職と伝えたというニュアンスになります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・つまりそんな意識が働いて多少誇張したことになつたかも知れないんだ。
(出典:十一谷義三郎『静物』)

・いつもながらきみはぼくが誇張して言っているのだと思うかもしれないが。
(出典:ゲーテ/井上正蔵訳『若きウェルテルの悩み』)

・十九世紀の歴史哲学が誇張したほど、人間は歴史の子ではありませぬ。
(出典:小林秀雄『考えるヒント 3』)

・ぼくが誇張しているのではないかとお考えになるかもしれません。
(出典:遠藤周作『ぐうたら愛情学』)

・自分自身にもしいてそれを信じさせようとして、わざと誇張して云った。
(出典:ジッド/石川淳訳『背徳者』)

類語

壮語そうご
意味:意気の盛んなことを言うこと。えらそうに大きなことを言うこと。(出典:デジタル大辞泉)

過言かごん
意味:相手に失礼になるような、度を過ぎた言葉を口にすること。また、そういう言葉。言いすぎ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

大袈裟おおげさ
意味: 物事を実際より大へんなように言ったりしたりするさま。また、必要以上にしかけなどが大きいさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

針小棒大しんしょうぼうだい
意味:小さい事柄を大げさに誇張して言いたてること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

脚色きゃくしょく
意味:事実をおもしろく伝えるために粉飾を加えること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました