討議とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

討議

「討議の場がもうけられる」などのように使う「討議」という言葉。

「討議」は、音読みで「とうぎ」と読みます。

「討議」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「討議」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

討議の意味

「討議」には次の意味があります。

ある事柄について意見を述べ合うこと。(出典:デジタル大辞泉)

「討議」をわかりやすく言うと、ある物事に対しての考えや感じたことなどについて意見を交換したり話し合うことです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ドイツ代表としては英国同様、米、ソの特別参加による討議を希望する。
(出典:豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(上)』)

・すべての決定は、自由討議と自由な秘密投票にもとづいて行われている。
(出典:E・E・スミス『レンズマン・シリーズ(全7巻) 6 三惑星連合軍』)

・以上のような点が刑事課長から報告されると、つづいて討議に移った。
(出典:深谷忠記『津軽海峡+-の交叉』)

・捜査本部では一課長を中心に事件についての討議が活発になされていた。
(出典:山村美紗『幻の指定席』)

討議の結果どれかが採択決定されたということにはなっていないらしい。
(出典:五味川純平『御前会議』)

スポンサーリンク

類語

協議きょうぎ
意味:集まって相談すること。(出典:デジタル大辞泉)

議論ぎろん
意味:互いの意見を述べて論じ合うこと。また、その内容。(出典:デジタル大辞泉)

会議かいぎ
意味:関係者が集まって相談をし、物事を決定すること。また、その集まり。(出典:デジタル大辞泉)

会談かいだん
意味:会って話し合うこと。また、その話し合い。(出典:デジタル大辞泉)

合議ごうぎ
意味:二人以上の者が集まって相談すること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました