解明とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

解明

「ついに事件の真相が解明された」などのように使う「解明」という言葉。

「解明」は、音読みで「かいめい」と読みます。

「解明」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「解明」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

解明の意味

「解明」には次の意味があります。

ときあかすこと。わからない物事を細かく調べて、はっきりさせること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「解明」をわかりやすく言うと「今まで分からなかったことを、調査を行って分かるようにすること」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・どうやら今度だけは、すべての秘密が一発で解明されるような気がした。
(出典:シムノン/水谷準訳『サン・フォリアン寺院の首吊り人』)

・その疑問はボクが子供の頃から持ち続け、解明することのない謎だった。
(出典:リリー・フランキー『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』)

・そのルートと資金の内容については今後の捜査による解明が待たれている。
(出典:村上春樹『1Q84 BOOK1』)

・この原因を解明するためには、あの男のことを知る必要がありそうだ。
(出典:熊谷雅人『ネクラ少女は黒魔法で恋をする』)

・今や物質の構造や宇宙の誕生の秘密が解明されるところまで来ました。
(出典:山本弘『時の果てのフェブラリー 赤方偏移世界 徳間デュアル文庫版』)

類語

糾明きゅうめい
意味:罪や不正を糾問し、真相を明らかにすること。(出典:デジタル大辞泉)

究明きゅうめい
意味:物の道理や真理などを徹底的に追究して、はっきりさせること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

釈明しゃくめい
意味:解きあかすこと。説明すること。また、誤解や非難などに対して、事情を説明して了解を求めること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

解説かいせつ
意味:物事の要点・意味などをわかりやすく説明すること。また、その説明。(出典:デジタル大辞泉)

突止めるつきとめる
意味:不明な点や疑問点などを、徹底的に調べて明らかにする。また、調べてさがしだす。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました