要点とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

要点

「要点をおさえる」などのように使う「要点」という言葉。

「要点」は、音読みで「ようてん」と読みます。

「要点」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「要点」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

要点の意味

「要点」には次の意味があります。

物事の中心となるところ。重要な点。(出典:デジタル大辞泉)

「要点」をわかりやすくいうと、「物事の中心となるポイント」のことです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ではその要点は何であったかということを、林語堂自身も書いていない。
(出典:開高健『最後の晩餐』)

・読者が作品を読む上で多少とも参考になれば幸いと思って要点を紹介した。
(出典:ロスタン/岩瀬孝訳『シラノ・ド・ベルジュラック』)

・アーネッスンが同じ質問をしていたけれど、まさに要点をついたわけだ。
(出典:ダイン/鈴木幸夫訳『僧正(ビショップ)殺人事件』)

・いずれにせよコンテンツの要点を評価・編集する作業は求められます。
(出典:野中郁次郎/紺野登『知識経営のすすめ』)

・だがその対立矛盾の関係は、この現象にとって根本的な要点をなしている。
(出典:戸坂潤『認識論とは何か』)

類語

核心(かくしん)
意味:物事の中心、本質をなしている大切な部分。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・ポイント
意味:要点。重要な箇所や場所。(出典:精選版 日本国語大辞典)

肯綮(こうけい)
意味:物事の急所。(出典:デジタル大辞泉)

要旨(ようし)
意味:言い表わそうとするもっとも大切な点。(出典:精選版 日本国語大辞典)

主点(しゅてん)
意味:主要な点、または箇所。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました