行雲流水とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

行雲流水

「行雲流水の生活」などのように使う「行雲流水」という言葉。

「行雲流水」は、音読みで「こううんりゅうすい」と読みます。

「行雲流水」とはどのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「行雲流水」の意味や使い方について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

行雲流水の意味

「行雲流水」には次の意味があります。

物事に執着せず、淡々として自然の成り行きに任せて行動することのたとえ(出典:出典:三省堂 新明解四字熟語辞典)

「行雲流水」をわかりやすく言うと「流れにまかせて振る舞う」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

行雲流水、心動くときは動かし、動かざれば動かしたまわず、と古い本には感心して書いてある。

(出典:田辺聖子『女の長風呂 Ⅰ』)

行雲流水の身となられたのじゃ。

(出典:杉本苑子『新とはずがたり』)

行雲流水をともにする日々は豊かな収穫をもたらした。

(出典:ヘッセ/高橋健二訳『車輪の下』)

・われわれ自由意志をもっているものが、そういうような生活になれば、それでいいのだということを申しましたが、一枚の生活というと「行雲流水」雲水、雲や水のように私がなったわけであります。

(出典:倉田百三『生活と一枚の宗教』)

・力が入っていながら行雲流水のような自由で自然の態度を備えている。

(出典:岡本かの子『仏教人生読本』)

類語

内輪(うちわ)

意味:外部の者を交えないこと。(出典:デジタル大辞泉(小学館))

尻が重い(しりがおもい)

意味:めんどうがって、なかなか動こうとしない。また、物事をするのに、動作がにぶい。(出典:デジタル大辞泉(小学館))

退嬰(たいえい)

意味:しりごみして、ひきこもること。(出典:デジタル大辞泉(小学館))

受動的(じゅどうてき)

意味:他から動作・作用を及ぼされるさま。(出典:デジタル大辞泉(小学館))

苦し紛れ(くるしまぎれ)

意味:苦しさのあまりにすること。(出典:デジタル大辞泉(小学館))

タイトルとURLをコピーしました