行脚とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

行脚

「行脚する」などのように使う「行脚」という言葉。

「行脚」は、音読みで「あんぎゃ」と読みます。

「行脚」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「行脚」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

行脚の意味

「行脚」には次の二つの意味があります。

1仏道修行のために、僧侶が諸国を歩き回ること。
ある目的で諸地方を巡り歩くこと。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

行脚の意味①「仏道修行のために、僧侶が諸国を歩き回ること。」

「行脚」の一つ目の意味は「仏道修行のために、僧侶が諸国を歩き回ること。」です。

僧侶が仏教の修行のために、多くの国を徒歩で巡ることを指します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・孤峯庵にいた時でも、寺をたずねてきた諸国行脚あんぎやの僧はいくたりもいた。
(出典:水上勉『雁の寺(全)』)

行脚僧あんぎゃそうの手記などにも目を通しておくほうがいいだろうな。
(出典:チェーホフ/小笠原豊樹訳『チェーホフ短編集「決闘」』)

・むろん、八人の行脚僧の影など、彼の視界からけしとんでしまった。
(出典:山田風太郎『柳生忍法帖(上)』)

・諸国をうろつく行脚僧のこともそう呼ぶようになった。
(出典:小野不由美『悪霊シリーズ 6 悪霊とよばないで』)

類語

雲水うんすい
意味:所定めず諸所を遍歴する禅僧。(出典:精選版 日本国語大辞典)

旅増たびぞう
意味:各地を回って修行して歩く僧。(出典:デジタル大辞泉)

頭陀ずだ
意味:僧が修行のために托鉢(たくはつ)して歩くこと。また、その僧。(出典:デジタル大辞泉)

雲衲うんのう
意味:衲袈裟(のうけさ)、すなわち粗末な袈裟をまとって各地を遍歴し修行する僧。(出典:精選版 日本国語大辞典)

行脚の意味②「 ある目的で諸地方を巡り歩くこと。」

「行脚」の二つ目の意味は「 ある目的で諸地方を巡り歩くこと。」です。

各地を目的をもって旅をするときに使われます。本来は徒歩で巡ることを指していますが、昨今では徒歩関係なく旅をする際に使われることが多いです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ちなみに、彼が留年した理由だが、女王様を探して全国行脚あんぎゃしていたかららしい。
(出典:沖田雅『先輩とぼく 02』)

・芭蕉の供をして諸方を行脚し、翁最後の際にも側に侍し看護に当たった。 
(出典:辻潤『風狂私語』)

・そうしたカフェー行脚の生活が、およそ二月あまりも続いたことでしょうか。
(出典:横溝正史『山名耕作の不思議な生活』)

・諸国を行脚し、浄財を集めて、自分の寺に釣り鐘を寄進するのが夢であった。
(出典:平岩弓枝『御宿かわせみ 22 清姫おりょう』)

類語

巡行じゅんこう
意味:各地を巡り歩くこと。(出典:デジタル大辞泉)

遍歴へんれき
意味: 広く各地を巡り歩くこと。(出典:デジタル大辞泉)

漫遊まんゆう
意味:気の向くままに各地を回って旅すること。(出典:デジタル大辞泉)

巡回じゅんかい
意味:ある目的のために、各地を順次に移動すること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました