虐待とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

虐待

「児童虐待」などのように使う「虐待」という言葉。

「虐待」は、音読みで「ぎゃくたい」と読みます。

「虐待」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「虐待」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

虐待の意味

「虐待」には次の意味があります。

・むごい扱いをすること。(出典:デジタル大辞泉)

一般的に使う「虐待」は、習慣的に暴力を振るったり冷たい態度を取ることを指し、肉体的な暴力だけでなく言葉による精神的なダメージも虐待にあたります。虐待の対象は、親や大人から子供ということが多いですが、子から親、小動物、上司から部下など対象は様々です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・児童虐待など昔からあるではないか、と思われる人もあるかもしれない。
(出典:牧野修『スイート・リトル・ベイビー』)

・今も地球のどこかじゃ、飢えとか虐待とかで死んでゆく子供が大勢いる。
(出典:山本弘『神は沈黙せず』)

・彼が女性を襲って殺すのは、自分を虐待した大人の女に対する復讐だと。
(出典:宮部みゆき『模倣犯 下』)

・しかも日本では母親の息子に対する性的虐待はほとんど報告されていない
(出典:牧野修『スイート・リトル・ベイビー』)

・泣きたいと思えば、空腹と最近の虐待を思えば、すぐできることだった。
(出典:ディケンズ/北川悌二訳『オリヴァ・トゥイスト(上)』)

類語

・苛斂(かれん)
意味:《「斂」は取り上げて納める意》租税などを厳しく取り立てること。(出典:デジタル大辞泉)

・圧制(あっせい)
意味:権力などを使って、他の者の言動を押さえつけたり、人に強制したりすること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

・酷遇(こくぐう)
意味:人に対して、むごい扱いをすること。きわめてひどい待遇。(出典:デジタル大辞泉)

・虐遇(ぎゃくぐう)
意味:残酷な扱いをすること。虐待。(出典:デジタル大辞泉)

・暴虐(ぼうぎゃく)
意味:むごいことをして人を苦しめること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました