若気の至りとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

若気の至り

「あれは若気の至りだった」などのように使う「若気の至り」という言葉。

「若気の至り」は、「わかげのいたり」と読みます。

「若気の至り」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「若気の至り」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

若気の至りの意味

「若気の至り」には次の意味があります。

年が若くて血気にはやったために無分別な行いをしてしまうこと。(出典:デジタル大辞泉)

現在から行う過去の自分の振り返りという文脈で使われることが多いです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・いまにして思えば、若気の至りとはいえ、たいへんなことをしてしまった。
(出典:梅宮アンナ『「みにくいあひるの子」だった私』)

・それは決して、若気の至りなどと言うものではないのだ。
(出典:石原慎太郎『太陽の季節』)

・私も若気の至りで、随分長くて重い手紙を書いた経験がある。
(出典:山本文緒『日々是作文(ひびこれさくぶん)』)

・たとえ結果的には若気の至りだったり、誤りだったとしても、僕みたいに何もしないでいるよりは、はるかに立派な行動ですよ。
(出典:内田康夫『怪談の道』)

・青春の一ページだとか、人間として深みが増すだとか、若気の至りだとか、そんな悠長なことを言っている場合ではないのだ。
(出典:森見登美彦『美女と竹林』)

類語

血気盛ん(けっきさかん)
意味:活力にあふれるさま。(出典:デジタル大辞泉)

早とちり(はやとちり)
意味:早合点をして、まちがえること。(出典:デジタル大辞泉)

軽率(けいそつ)
意味:物事を深く考えずに軽々しく行うこと。また、そのさま。かるはずみ。
(出典:デジタル大辞泉)

空騒ぎ(からさわぎ)
意味:たいしたことではないのに、やたらに騒ぎたてること。また、騒いだわりに実りのないこと。(出典:デジタル大辞泉)

猪突猛進(ちょとつもうしん)
意味:周囲の人のことや状況を考えずに、一つのことに向かって猛烈な勢いで突き進むこと。
(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました