至高とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

至高

「至高のオムライス」などのように使う「至高」という言葉。

「至高」は、音読みで「しこう」と読みます。

「至高」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「至高」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

至高の意味

「至高」には次の意味があります。

この上なく高く、すぐれていること。また、そのさま。最高。(出典:デジタル大辞泉)

「至高」という漢字を分解すると、「至」は「あるところへ行きつく」、「高」は「高い場所」という意味になります。
最高、最上などのように、他のものと比べてそれ以上に優れていることを表現する際に使われます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・極端な不幸を経験した者のみが、至高の幸福を感じ得る能力を持つのだ。
(出典:アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯』)

・ある時はそれを人間として達し得る最上至高の状態だと思う事もある。
(出典:夏目漱石『硝子戸の中』)

・守るものも理想もない者ほど、異性への愛を至高のものと考えるもの。
(出典:水野良『ロードス島戦記 外伝「黒衣の騎士」』)

・確かに凡人にはあの至高の味覚を理解することはできないかもしれませんが。
(出典:牧野修『だからドロシー帰っておいで』)

・魔力の塔は無限の可能性であり、至高の力を与えてくれるのです。
(出典:水野良『剣の国の魔法戦士』)

類語

優良ゆうりょう
意味:他のものより、すぐれていること。(出典:デジタル大辞泉)

至極しごく
意味: 極限・極致に達していること。(出典:デジタル大辞泉)

最高さいこう
意味: この上なくすばらしいこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

究極きゅうきょく
意味:物事をつきつめ、きわめること。(出典:デジタル大辞泉)

最上さいじょう
意味: 最も程度や価値などがたかいこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました