自然公園とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

自然公園

「自然公園にする」などのように使う「自然公園」という言葉。

「自然公園」は、音読みで「しぜんこうえん」と読みます。

「自然公園」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「自然公園」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

自然公園の意味

「自然公園」には次の意味があります。

自然の風景地をそのまま利用してつくられる公園で,都市公園に対比されるもの。(出典:世界大百科事典 第2版)

自然風景の保護としての公園で、日本では1957年施行の自然公園法により指定されました。
国立公園・国定公園・都道府県立自然公園の3種があります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そのセンターは、市の北端にある自然公園のそばに建てられている。
(出典:東野圭吾『天使の耳』)

自然公園、と名のついているものの、当然ながらそのほとんどは植林だろうが。
(出典:鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 SP』)

・第ニニ学区第三階層の市街地からはやや離れた一角にある、自然公園
(出典:鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第16巻』)

・ある時は神代植物園を経て多摩自然公園に足を延ばしたこともある。
(出典:矢口純『酒を愛する男の酒』)

自然公園の近くにダムが建設されつつある。

類語

(にわ)
意味: 屋敷内で、ある広さをもって空けてある地面。(出典:デジタル大辞泉)

風景(ふうけい)
意味:目に映る広い範囲のながめ。(出典:デジタル大辞泉)

アミューズメントパーク
意味:遊園地(出典:デジタル大辞泉)

ジオパーク
意味:科学的・文化的に貴重な地質遺産を含む自然公園。(出典:デジタル大辞泉)

区域くいき
意味:くぎられた一定範囲の場所。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました