脚光を浴びるとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

脚光を浴びる

「再び脚光を浴びる」などのように使う「脚光を浴びる」という言葉。

「脚光を浴びる」は、「きゃっこうをあびる」と読みます。

「脚光を浴びる」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「脚光を浴びる」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

脚光を浴びるの意味

「脚光を浴びる」には次の意味があります。

世間の注目の的となる。(出典:デジタル大辞泉)

「脚光を浴びる」には、「舞台に立つ」「脚本が上映される」という意味があり、転じて広く世間から注目される様子を表す際にも使われます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・彼の父親の発表した論文は、国の枠を超えて世界で脚光を浴びていた。
(出典:喬林知『今日からマ王 番外 「彼がマ王に育つまで」』)

・栗里にしてみれば黒所に来て以来初めて脚光を浴びた瞬間であった。
(出典:大槻ケンヂ『グミ・チョコレート・パイン パイン編』)

・あと十年もすればわたしは天才ピアニストとして脚光を浴びるのよ、と。
(出典:永沢光雄『AV女優(下)』)

・脚光という点では、いま、もっとも派手な脚光を浴びている職業である。
(出典:山口瞳『江分利満氏の華麗な生活』)

・ベルリンショーでVHSが脚光を浴びたのには、もう一つ理由があった。
(出典:佐藤正明『陽はまた昇る 映像メディアの世紀』)

類語

人気に火が付く(にんきにひがつく)
意味:人気に勢いが出る。(出典:デジタル大辞泉)

ブーム
意味:急に熱狂的な人気の対象となること。(出典:デジタル大辞泉)

人受け(ひとうけ)
意味:他人にもたれる好悪の印象や評判。(出典:デジタル大辞泉)

クローズアップ
意味:特定の事柄を大きく取り上げること。(出典:デジタル大辞泉)

日の目を見る(ひのめをみる)
意味:それまで埋もれていたものが世に知られるようになる。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました