背水の陣とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

背水の陣

「背水の陣を敷く」などのように使う「背水の陣」という言葉。

「背水の陣」は、音読みで「はいすいのじん」と読みます。

「背水の陣」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「背水の陣」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

背水の陣の意味

「背水の陣」には次の意味があります。

一歩もあとにはひけないせっぱ詰まった状況・立場。また、そういう状況に身を置いて、必死の覚悟で事にあたること。(出典:大辞林 第三版)

中国古代・漢の名将がわざと川を背にして陣を敷いて、味方に決死の覚悟で戦わせ相手を倒した『史記』「淮陰侯列伝(わいいんこうれつでん)」の故事により生まれた言葉です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

背水の陣をしいて臨んだ試験の当日は、例年より早い梅雨入りとなった。
(出典:篠田節子『女たちのジハード』)

・その点、今回はどんな戦にせよ背水の陣というところがある。
(出典:黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 5 東征の巻(下)』)

・これまた背水の陣で立派なものだと感心する。
(出典:青島幸男『極楽トンボ』)

・絶対に叶えたい願いを成就させるためだったら、人間ってのは背水の陣を敷く。
(出典:奈須きのこ『歌月十夜 03 宵待閑話』)

・私はそこに背水の陣を布いてしまったのだ。
(出典:有島武郎『惜みなく愛は奪う』)

スポンサーリンク

類語

剣が峰けんがみね
意味:それ以上少しの余裕もない、ぎりぎりの状態。(出典:デジタル大辞泉)

窮地きゅうち
意味: 追い詰められて逃げ場のない苦しい状態や立ち場。 (出典:デジタル大辞泉)

瀬戸際せとぎわ
意味:勝負・成否などの分かれ目。(出典:デジタル大辞泉)

あわや
意味:危険などがその身に及ぶ寸前であるさま。(出典:デジタル大辞泉)

角番かどばん
意味:囲碁・将棋などの連続した対局で、勝負が決まる局番。(出典:大辞林 第三版)

タイトルとURLをコピーしました