肩書とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

肩書

「すごい肩書」などのように使う「肩書」という言葉。

「肩書」は、訓読みで「かたがき」と読みます。

「肩書」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「肩書」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

肩書の意味

「肩書」には次の意味があります。

その人を特徴づける社会的な地位・称号など。(出典:デジタル大辞泉)

「肩書」は会社の中では部長やCTOなどが当てはまります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・この肩書は彼にはすぐ自然なものに思えたが、それでも驚いてしまった。
(出典:原田義人『城』)

・私は、この肩書で世の中に大きな顔をしようなどとは少しも考えていない。
(出典:牧野富太郎『牧野富太郎自叙伝』)

・イタリア人は自分の印象で、相手に勝手な肩書をつけることがよくある。
(出典:角田房子『甘粕大尉 ―増補改訂』)

・当人も話していたが、肩書が変わるだけの話にすぎないと思っているのだ。
(出典:高杉良『呪縛 金融腐蝕列島II(上)』)

・定年までは昇進もないだろうから、肩書は今でも巡査部長のはずだった。
(出典:樋口有介『初恋よ、さよならのキスをしよう』)

類語

職名しょくめい
意味:職業・職務の名称。(出典:デジタル大辞泉)

役職やくしょく
意味:役目や職務。(出典:精選版 日本国語大辞典)

ポスト
意味:地位。役職。また、持ち場。部署。(出典:デジタル大辞泉)

地位ちい
意味:社会やある組織の中で、人や物の占めている位置。身分や立場など。(出典:デジタル大辞泉)

身分みぶん
意味:ある集団・組織における、その人の地位・資格。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました