罷免とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

罷免

「大臣を罷免する」などのように使う「罷免」という言葉。

「罷免」は、音読みで「ひめん」と読みます。

「罷免」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「罷免」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

罷免の意味

「罷免」には次の意味があります。

職務をやめさせること。免職。(出典:デジタル大辞泉)

主に本人の意思とは関係なく、職をやめさせるといったときに使われます。役職だけでなく職業もやめさせるという意味も含まれています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・誰かのせいにして自分を罷免する心の動きは弱さによって生まれるものだ。
(出典:林亮介『和風Wizardry純情派 1』)

・もし関白を罷免ひめんされたなら、本願寺との計略をどうやって維持するのだ。
(出典:安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(下)』)

・この命令は十日間で実施されて、四千九百六十名の内務省官吏が罷免された。
(出典:松本清張『日本の黒い霧(下)』)

・いつでも好きな時に罷免する理由をつけられますからな。
(出典:茅田砂胡『デルフィニア戦記 第03巻 「白亜宮の陰影」』)

・徐丁垓の非道の限りを道光帝に報告し、皇帝の名において罷免してもらう。
(出典:池上永一『テンペスト1 若夏の巻』)

類語

免官めんかん
意味:官職をやめさせること。免職。(出典:デジタル大辞泉)

免黜めんちゅつ
意味:官職を解くこと。罷免すること。また、位を下げること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

解職かいしょく
意味:その職を辞めさせること。(出典:デジタル大辞泉)

解任かいにん
意味:任務を解くこと。職務をやめさせること。(出典:デジタル大辞泉)

馘首かくしゅ
意味:雇い主が使用人を辞めさせること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました