署名とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

署名

「署名をお願いします。」などのように使う「署名」という言葉。

「署名」は、音読みで「しょめい」と読みます。

「署名」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「署名」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

署名の意味

「署名」には次の意味があります。

本人が自分の名を書類などに書くこと。(出典:デジタル大辞泉)

書く動作だけでなく、その手書きされた名称を指す際にも用いられます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・僕の疑問は、その署名がタイプ打ちされていることでいよいよ濃くなる。
(出典:ドイル・アーサー・コナン『同一事件』)

・娘は隅のテーブルへ連れて行ってアルバムをひろげ日本女の署名を求めた。
(出典:宮本百合子『ロンドン一九二九年』)

・私が必要だとするすべての書類にあらかじめ署名しておいてくれます。
(出典:スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(上)』)

・ジェリコに参加するという書類に署名した時、期間は不定だといわれた。
(出典:ホーガン『創世記機械械』)

・実際のところ、何を研究する会なのかも知らず、入会届に署名していた。
(出典:二階堂黎人『奇跡島の不思議』)

類語

書判かきはん
意味:昔の文書の末尾に書いた署名。(出典:デジタル大辞泉)

名書きながき
意味:名を書くこと。(出典:デジタル大辞泉)

サイン
意味:署名すること。署名。(出典:デジタル大辞泉)

落款(らっかん
意味:書画が完成したとき、作者が署名し、または押印すること。(出典:)

自署じしょ
意味:自分で自分の氏名を書き記すこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました