絵画とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

絵画

「美しい絵画」などのように使う「絵画」という言葉。

「絵画」は、音読みで「かいが」と読みます。

「絵画」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「絵画」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

絵画の意味

「絵画」には次の意味があります。

線や色彩で、物の形・姿を平面上に描き出したもの。(出典:デジタル大辞泉)

誰かの手によって描かれた絵の事を意味します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・自分たちの父親が十歳だった頃の姿を、絵画のなかに見ることが出来る。
(出典:片岡義男『ラハイナまで来た理由』)

・私等の仕事の絵画の構図と構成は第一の条件として安定を求めている。
(出典:小出楢重『油絵新技法』)

・続いて、代理人が見せたものは一人の少女をモチーフにした絵画だった。
(出典:児玉ヒロキ『イット2』)

・それらの異常なる絵画は、見る人にとつては真に戦慄すべきものである。
(出典:萩原朔太郎『月に吠える』)

・になった豪華なソファとガラステーブル、壁に絵画が掛けられている。
(出典:宮部みゆき『鳩笛草(光文社文庫)』)

類語

図面(ずめん)
意味:建物・機械・土木工事などの構造・工程を細かく示した図。
(出典:デジタル大辞泉)

図案(ずあん)
意味:美術品・工芸品や一般工作物の製作に際し、あらかじめ意匠や考案を図に表したもの。
(出典:デジタル大辞泉)

図画(ずが)
意味:絵をかくこと。また、絵。
(出典:デジタル大辞泉)

ドローイング(どろーいんぐ)
意味:単色の線で簡単な図をかくこと。デッサン。
(出典:デジタル大辞泉)

線描(せんびょう)
意味:物の形を線だけで描くこと。せんがき。
(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました