結婚とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

結婚

「パートナーと結婚する」などのように使う「結婚」という言葉。

「結婚」は、音読みで「けっこん」と読みます。

「結婚」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「結婚」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

結婚の意味

「結婚」には次の意味があります。

男女が夫婦となること。夫婦の縁を結ぶこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「パートナーと結婚する」は「パートナーと夫婦になる」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そして着ながらもしこれが両親の許しを得た結婚であったならばと思った。
(出典:有島武郎『クララの出家』)

・そしてこの際、断然結婚することにしたがよいと思うと二人は約束した。
(出典:賀川豊彦『空中征服』)

・五人ともすでに結婚していて家庭を持ち、それぞれに何人かの子供がいる。
(出典:片岡義男『頬よせてホノルル』)

・悪い虫のつかんうちに、お祖父やんのこれと見込んだ男と結婚しなはれ。
(出典:織田作之助『わが町』)

・何故この結婚をそんなにまで不愉快に思うかというには理由があるのです。
(出典:大倉燁子『蛇性の執念』)

類語

縁組えんぐみ
意味:夫婦、養子、養女などの関係を結ぶこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

婚姻こんいん
意味: 夫婦となること。 (出典:デジタル大辞泉)

縁付くえんづく
意味:嫁に行く。とつぐ。また、婿入りする。(出典:デジタル大辞泉)

ウエディング
意味:婚礼。結婚式。(出典:デジタル大辞泉)

祝言いわいごとしゅうげん
意味:婚礼。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました