経年劣化とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

経年劣化

「設備の経年劣化」などのように使う「経年劣化」という言葉。

「経年劣化」は、音読みで「けいねんれっか」と読みます。

「経年劣化」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「経年劣化」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

経年劣化の意味

「経年劣化」には次の意味があります。

年月が経つうちに製品の品質・性能が低下すること。(出典:デジタル大辞泉)

「経年劣化」とは時間の経過やそれに伴う自然現象により、機能や性能が劣化することを指す言葉です。
日光による物体の変色、ゆがみなどが当たります。
一方、タイヤのすり減りなど通常の使い方による劣化は経年劣化ではなく、通常劣化と呼びます。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・それが経年劣化によるためなのか、それとも別の要因からなのか、封印が解かれ、活動を再開した。
(出典:デジタル大辞泉)

・ずれの原因は、自分の文字情報の経年劣化《けいねんれっか 》だ。
(出典:川上稔『AHEADシリーズ 2 終わりのクロニクル1〈下〉』)

・水と麦とこれさえあれば経年劣化もしない。
(出典:鎌池和馬『新約 とある魔術の禁書目録 第12巻』)

・読者としての観点も述べておくと、BL はいかんせん経年劣化が否めず、読み物というよりは研究やコレクションのためのものになっています。
(出典:キャロル・ルイス『アリスの地底めぐり』)

経年劣化で崩れた天井が、通路を塞いでいる。
(出典:賀東招二『フルメタル・パニック!10 せまるニック・オブ・タイム』)

スポンサーリンク

類語

老朽化(ろうきゅうか)
意味:古くなって役に立たなくなること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

消耗(しょうもう)
意味:使って減らすこと。また、使って減ること。(出典:デジタル大辞泉)

損耗(そんもう)
意味:使って減ること。また、減らすこと。(出典:デジタル大辞泉)

へたる
意味:そのものの機能や性能が衰える。(出典:デジタル大辞泉)

摩耗(まもう)
意味:かたい材質の物が、すりへること。特に、機械の部品や道具にいう。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました