紳士協定とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

紳士協定

「紳士協定に任せる」などのように使う「紳士協定」という言葉。

「紳士協定」は、音読みで「しんしきょうてい」と読みます。

「紳士協定」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「紳士協定」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

紳士協定の意味

「紳士協定」には次の意味があります。

互いに相手を信頼して取り決める非公式の約束。(出典:四字熟語を知る辞典)

あくまで非公式に紳士的に相手を信頼して作られた協定を意味します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そこが紳士協定だといいたいところだが、それがあまりあてにならない。
(出典:山田風太郎『銀河忍法帖』)

・これは紳士協定にしかなりませんが、非常に重要なものです。
(出典:ハインライン『地球の緑の丘』)

・結局、この問題は大きな面倒にはならず、紳士協定という点で了解が成立した。
(出典:松本清張『日本の黒い霧(下)』)

・従ってこのルールは罰則規定というより紳士協定の性格が強い。
(出典:佐島勤『魔法科高校の劣等生 13 スティープルチェース編』)

・これで三社の紳士協定は破棄されたわけであった。
(出典:開高健『パニック・裸の王様』)

類語

要領(ようりょう)
意味:物事の最も大事な点。要点。(出典:デジタル大辞泉)

契約(けいやく)
意味:約束を取り交わすこと。また、その約束。(出典:デジタル大辞泉)

心得(こころえ)
意味:ある事をするにあたって注意し、守るべき事柄。(出典:デジタル大辞泉)

規律(きりつ)
意味:人の行為の基準として定められたもの。おきて。(出典:デジタル大辞泉)

秩序(ちつじょ)
意味:その社会・集団などが、望ましい状態を保つための順序やきまり。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました