禁欲とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

禁欲

「禁欲生活を送る」などのように使う「禁欲」という言葉。

「禁欲」は、音読みで「きんよく」と読みます。

「禁欲」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「禁欲」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

禁欲の意味

「禁欲」には次の意味があります。

感情・欲望をおさえること。特に、性欲をおさえること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「禁欲生活を送る」は「欲望を抑えた生活を送る」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・彼は聖書を読んでいたし、母譲りのジャイナ教の禁欲観もあっただろう。
(出典:竹下節子『パリのマリア』)

・いわゆる、文章のようなものは、禁欲的にほとんど書いてないのです。
(出典:大岡信『名句歌ごよみ〔夏〕』)

・実際に異性の香を知らぬまでも、禁欲の苦痛を感じずにはいられぬ。
(出典:夢野久作『東京人の堕落時代』)

・すると私は、禁欲生活者に必要な明察といったものができないことになるのだ。
(出典:フランス/岡野馨訳『舞姫タイス』)

・そのために自分が禁欲せねばならぬからというよりも、自分の肉体が無視されたと思うからだ。
(出典:ルソー/桑原武夫訳『告白(上)』)

類語

忍ぶしのぶ
意味:つらいことをがまんする。(出典:デジタル大辞泉)

忍苦にんく
意味: 苦しみを耐えしのぶこと。苦痛に耐えること。 (出典:精選版 日本国語大辞典)

堅忍不抜けんにんふばつ
意味:つらいことも耐え忍んで、どんな困難にも心を動かさないこと。(出典:デジタル大辞泉)

堅忍けんにん
意味:かたく耐えしのぶこと。がまん強くこらえること。また、そのさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

隠忍自重いんにんじちょう
意味:怒りや苦しみをじっと抑えて外に表さず、軽はずみな行動をしないこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました