眷属とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

眷属

「神の眷属」などのように使う「眷属」という言葉。

「眷属」は、音読みで「けんぞく」と読みます。

「眷属」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

眷属の意味

「眷属」には次の意味があります。

従者。家来。配下の者。(出典:デジタル大辞泉)

本来は神や仏の従者を意味する言葉ですが、最近では神や仏だけでなく、なにかに使えている人や動物を「〇〇の眷属」と表します。
あまり使われていませんが、「親族・血縁者」という意味もあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・目の前のホロが、実はその神の眷属けんぞくだと知ったらどう反応するだろうか。そんな興味を抱いてしまう。
(出典:支倉凍砂『狼と香辛料VI』)

・千坂の娘と結婚して彼も悪魔の眷属になってしまったのです。
(出典:森村誠一『新・人間の証明(下)』)

・闇の眷属であること、弟で あること、それだけがあなたにとっての私の価値なのだ。
(出典:深草小夜子『悪魔の皇子 アストロッド・サーガ』)

・此は、神の眷属は大勢あるが、一个月に一人づゝ来るものと見て、此習慣が出来たのであらう。
(出典:折口信夫『鬼の話』)

・彼らはやはり化け物の眷属であったのだ。
(出典:森村誠一『ファミリー』)

類語

神使(しんし)
意味:神のつかい。(出典:デジタル大辞泉)

弟子(でし)
意味:師について、学問や技芸の教えを受ける人。(出典:デジタル大辞泉)

従者(じゅうしゃ)
意味:主人の供をする者。供の者。供人。(出典:デジタル大辞泉)

一族(いちぞく)
意味:同じ祖先から出た者たち。血のつながりのある者たち。(出典:デジタル大辞泉)

親族(しんぞく)
意味:血縁関係・婚姻関係のある人々。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました