眠いとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

眠い

「眠い目をこする」などのように使う「眠い」という言葉。

「眠い」は、訓読みで「ねむい」と読みます。

「眠い」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「眠い」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

眠いの意味

「眠い」には次の意味があります。

眠気を催している。眠り入るような気持ちである。(出典:デジタル大辞泉)

眠気で目をあけているのが辛い状態をさす言葉です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

眠い時でも八時十五分になるとベッドから這い出し、テレビをつけます。
(出典:内館牧子『愛してると言わせて』)

・いくら寝不足でも、とても眠いなどと言っていられる状況ではなかった。
(出典:乃南アサ 『暗鬼』)

・考えてみれば、眠いと思いながらも起きていられるうちは幸せだろう。
(出典:片山憲太郎 『電波的な彼女3』)

・「あの時間にやるのは、ぼくだって眠いですよ」 彼はかすかに笑った。
(出典:小林信彦 『ビートルズの優しい夜』)

・もし笙子が酔って眠いのなら、このままじっとしておいてやってもいい。
(出典:渡辺淳一 『ひとひらの雪 上』)

スポンサーリンク

類語

眠たい(ねむたい)
意味:「眠い」に同じ。(出典:デジタル大辞泉)

眠たげ(ねむたげ)
意味:形容詞「眠たい」が、接尾語「げ」により体言化した形。(出典:weblio辞書)

睡魔(すいま)
意味:引きずりこまれるような眠けを魔物にたとえていう語。(出典:デジタル大辞泉)

眠気(ねむけ)
意味:眠りたいという気分。ねむたい感じ。(出典:デジタル大辞泉)

うとうと
意味:眠気を催すさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました