直談判とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

直談判

「職場の不満を社長に直談判する」などのように使う「直談判」という言葉。

「直談判」は、「じかだんぱん」と読みます。

「直談判」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「直談判」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

直談判の意味

「直談判」には次の意味があります。

他人を間に入れずに直接相手と談判すること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「じきだんぱん」と読む場合もあります。
交渉・議論・異議申し立てなどについて用います。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・担当替えに納得がいかないなら、編集長に直談判でもなんでもしてみろ。
(出典:野村美月『文学少女シリーズ(全16巻) 16 半熟作家と“文学少女”な編集者』)

・源作と直談判すると、わたしはあの恐ろしい男に何をされるかわかりませんからね。
(出典:松本清張『黒の様式』)

・松下がVHS規格の採用を決めた直後、岩田に直談判して再考を求めた。
(出典:佐藤正明『陽はまた昇る 映像メディアの世紀』)

・大坂城にいる毛利輝元ともう一度、直談判しなければ死んでも死にきれなかった。
(出典:茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実』)

・見かねたっていうか責任感じたっていうか、祥子さまが新聞部の部長と直談判したらしいのよね。
(出典:今野緒雪『マリア様がみてる 1』)

類語

強訴(ごうそ)
意味:徒党を組んで訴えをおこし,それを強く主張する集団行動
平安後期,延暦寺の僧徒が日吉 (ひえ) 神社の神輿 (しんよ) を,興福寺の僧徒が春日神社の神木を奉じて入京,朝廷に対し要求を貫徹しようとしたことは僧兵の強訴として著名。また室町〜江戸時代における封建領主や幕府に対する農民の集団的要求行動も強訴と呼んだ。(出典:旺文社日本史事典 三訂版)

陳情(ちんじょう)
意味:目上の人に、実情や心情を述べること。特に、中央や地方の公的機関、または政治家などに、実情を訴えて、善処してくれるよう要請すること。(出典:デジタル大辞泉)

直訴(じきそ)
意味:一定の手続きを経ないで、直接に君主・将軍・天皇などに訴え出ること。または、(比喩的に)直属の上役ではなく、その上の立場の人に直接訴え出ること。(出典:デジタル大辞泉)

膝詰談判(ひざづめだんぱん)
意味:相手に膝を詰め寄せて談判すること。直接会って強く掛け合うこと。(出典:デジタル大辞泉)

抗議(こうぎ)
意味:反対の意見や苦情を、相手に対し主張すること。異議を唱えること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました