直観とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

直観

「直観的なタイプ」などのように使う「直観」という言葉。

「直観」は、音読みで「ちょっかん」と読みます。

「直観」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「直観」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

直観の意味

「直観」には次の意味があります。

推理・考察などによるのでなく、感覚によって物事をとらえること。(出典:デジタル大辞泉)

「直観」をわかりやすく言うと「論理的な思考を挟まずに、感覚だけで物事を判断すること」という意味になります。
「勘」と理解するとわかりやすいです。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・それに手を出すことは、今ある世界を失うことだと私は直観していた。
(出典:牧野修『アロマパラノイド 偏執の芳香』)

・しかしながら強い直観だったので、戦術を変更しなければならなかった。
(出典:ルブラン/野内良三訳『ルパン対ホームズ』)

・もう一つ言いたいことは、直観や想像が自己発展してゆく仕方であります。
(出典:湯川秀樹『創造的人間』)

・この種のことにかけては、ぼくは一種の直観的能力を持っているんですよ。
(出典:ドイル/鈴木幸夫,鮎川信夫,齊藤重信訳『シャーロック・ホームズ全集(上)』)

・あなたの認めた彼の直観力や思いやりのある気持ちはそれに成功したのです。
(出典:フィルポッツ/赤冬子訳『赤毛のレッドメーン家』)

スポンサーリンク

類語

開眼かいがん
意味:物事の真理や本質をさとったり、こつをつかんだりすること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

直覚ちょっかく
意味:推理や考察によらずに瞬間的に物事の本質をさとること。(出典:デジタル大辞泉)

達観たっかん
意味:広く大きな見通しをもっていること。遠い将来の情勢を見通すこと。(出典:デジタル大辞泉)

観照かんしょう
意味:主観をまじえないで物事を冷静に観察して、意味を明らかに知ること。(出典:デジタル大辞泉)

直感ちょっかん
意味:推理・考察などによるのでなく、感覚によって物事をとらえること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました