直結とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

直結

「駅直結」などのように使う「直結」という言葉。

「直結」は、音読みで「ちょっけつ」と読みます。

「直結」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「直結」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

直結の意味

「直結」には次の意味があります。

間に他のものを置かず、直接に結びつけること。また、直接関係があること。(出典:デジタル大辞泉)

「直結」は駅直結などのように、物理的に物と物が繋がっているときにも使われます。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・また仮に読んだとしても、それがどうして殺人の動機に直結するのですか。
(出典:森村誠一『日蝕の断層』)

・そういう人は、漫画を描く行為と快楽が直結しなかった人なのだろう。
(出典:柴門ふみ『恋愛の法則36』)

・感覚が行動に直結するのは、進化的にはもっとも下等な神経系である。
(出典:養老孟司『涼しい脳味噌』)

・エンジンコードが直結になってて、エンジンキーは付いてないそうだよ。
(出典:勝目梓『その死を暴くな』)

・彼の精神と鍵盤は見えない何かで直結しているかのようだ。
(出典:大槻ケンヂ『グミ・チョコレート・パイン チョコ編』)

類語

連結(れんけつ)
意味:ひと続きになるようにつなぎ合わせること。(出典:デジタル大辞泉)

結び付く(むすびつく)
意味:関係ができる。関連する。つながる。(出典:デジタル大辞泉)

連帯(れんたい)
意味:二つ以上のものが結びついていること。(出典:デジタル大辞泉)

接続(せつぞく)
意味:二つ以上のものがつながること。また、つなぐこと。(出典:デジタル大辞泉)

密接(みっせつ)
意味:深い関係にあること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました