痛快とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

痛快

「痛快なストーリー」などのように使う「痛快」という言葉。

「痛快」は、音読みで「つうかい」と読みます。

「痛快」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「痛快」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

痛快の意味

「痛快」には次の意味があります。

たまらなく愉快なこと。胸がすくようで、非常に気持ちがよいこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

「痛快なストーリー」であれば、愉快で気持ちがスッとするお話ということになります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・何んと云っても目の前に見事に没落して行く家を見るのは痛快だった。
(出典:金田千鶴『夏蚕時』)

・思ふ間に又た第二の奴が気持よく頭上の瓦に当つて痛快に脳天に響く。
(出典:高浜虚子『発行所の庭木』)

・私はこんな事を想像して議会の解散にいいようもない痛快を感じたのであった。
(出典:与謝野晶子『鏡心灯語 抄』)

・そういう彼のやりかたを見て、こういう下等な連中は痛快がったのです。
(出典:ウエルズ/水嶋正路訳『解放された世界』)

・私も読んだが、故意にアナクロな雰囲気を狙った痛快な冒険小説だった。
(出典:山本弘『神は沈黙せず』)

類語

愉快(ゆかい)
意味:楽しく気持ちのよいこと。(出典:デジタル大辞泉)

面白い(おもしろい)
意味:つい笑いたくなるさま。(出典:デジタル大辞泉)

楽しい(たのしい)
意味:満ち足りていて、愉快な気持ちである。(出典:デジタル大辞泉)

快感(かいかん)
意味:こころよい感じ。(出典:デジタル大辞泉)

すっきり
意味: わだかまりがなく、気持ちのよいさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました