疎遠とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

疎遠

「疎遠になる」などのように使う「疎遠」という言葉。

「疎遠」は、音読みで「そえん」と読みます。

「疎遠」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「疎遠」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

疎遠の意味

「疎遠」には次の意味があります。

遠ざかって関係が薄いこと。音信や訪問が久しく途絶えていること。(出典:デジタル大辞泉)

一定期間会ったり、連絡をとったりしていない関係のことを言います。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・二人が疎遠になったのは、そういうことがあった後だったかも知れない。 
(出典:藤沢周平『隠し剣孤影抄』)

・姉弟というには他人行儀な呼び方だが、疎遠になっていたせいだろうか。
(出典:谷瑞恵『伯爵と妖精 第11巻 花嫁修業は薔薇迷宮で』)

疎遠にはなりながらも、私が大学に入ったときは五千円のお祝いをくれた。
(出典:群ようこ『無印良女』)

・多くの人と疎遠になって、一方で、流子とだけは一層親密になっていった。
(出典:入間人間『電波女と青春男 第07巻』)

・会社の生活は、私の一日の大部分を占領しており、家族と殆ど疎遠になっていた。
(出典:久坂葉子『灰色の記憶』)

スポンサーリンク

類語

縁遠い(えんどおい)
意味:きわめて関係が薄い。(出典:デジタル大辞泉)

希薄(きはく)
意味:また、気持や意識のうすいさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

疎(おろ)
意味:関係が薄いこと。(出典:デジタル大辞泉)

冷える(ひえる)
意味:うまくいっていた関係がわるくなる。(出典:デジタル大辞泉)

遠ざかる(とおざかる)
意味:疎遠になる。(出典:大辞林 第三版)

タイトルとURLをコピーしました