現時点とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

現時点

「現時点では不可能」などのように使う「現時点」という言葉。

「現時点」は、音読みで「げんじてん」と読みます。

「現時点」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「現時点」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

現時点の意味

「現時点」には次の意味があります。

現在という時点。いま現在。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「現時点」をわかりやすく言うと「今、この時」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・また、一時的なものであるのかどうかも現時点ではよくわからなかった。
(出典:山田智彦『銀行 男たちの挑戦』)

・おそらく現時点でも仲間としての信頼性に圧倒的な差があるのだろう。
(出典:林亮介『和風Wizardry純情派 1』)

・ただそうだとしても、この混乱がどの時点で混入したかは現時点では不明。
(出典:藤野古白『人柱築島由来』)

・佐里がこの場所にいなければならない必然性は、現時点ではあまりない。
(出典:伊都工平『天槍の下のバシレイス1 まれびとの棺 〈上〉』)

・この先、何が起こるか、現時点では誰も知らないことを僕は知っている。
(出典:乾くるみ『リピート』)

スポンサーリンク

類語

現在(げんざい)
意味:過去と未来の間。過去から未来へと移り行く、今。(出典:デジタル大辞泉)

リアルタイム
意味:同時。即時。(出典:デジタル大辞泉)

目下 (もっか)
意味:ただいま。さしあたり。現在。(出典: デジタル大辞泉 )

当面 (とうめん)
意味:さし迫っていること。さしあたり。(出典: デジタル大辞泉 )

今時 (いまどき)
意味:今ごろ。今時分(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました