猛威とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

猛威

「台風が猛威をふるう」などのように使う「猛威」という言葉。

「猛威」は、音読みで「もうい」と読みます。

「猛威」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「猛威」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

猛威の意味

「猛威」には次の意味があります。

すさまじい威力。猛烈な勢い。(出典:デジタル大辞泉)

「猛威」とは、勢いが激しくて、とても強いことを表します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・色の光の爆発とかつて経験したこともない猛威のために、一瞬のあいだ目がくらんだ。
(出典:ハーラン・エリスン『ステンレス・スチール・ラット シリーズ(全5巻) 2 ステンレス・スチール・ラットの復讐』)

・約三〇〇年間にわたって、ヨーロッパに猛威をふるった魔女狩りの嵐。
(出典:桐生操『美しき拷問の本』)

・余りな戦車の猛威に、中隊長は壕の縁に座った儘指揮して居られました。
(出典:五味川純平『ノモンハン(下)』)

・ペストは翌九三年にも猛威をふるい、九四年に入ってようやく終熄した。
(出典:シェイクスピア/三神勲訳『マクベス』)

・このような大自然の猛威の下で戦争することは、どれほど困難であろうか。
(出典:高木俊朗『インパール』)

スポンサーリンク

類語

激烈げきれつ
意味:きわめてはげしいこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

獰猛どうもう
意味:性質が荒く乱暴であること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

暴威ぼうい
意味:あらあらしい威力。乱暴な威勢。(出典:精選版 日本国語大辞典)

狂暴きょうぼう
意味:狂ったようにあばれること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

荒れ狂うあれくるう
意味:狂ったようにひどく暴れる。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました