独りよがりとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

独りよがり

「独りよがりな行動をする」などのように使う「独りよがり」という言葉。

「独りよがり」は、訓読みで「ひとりよがり」と読みます。

「独りよがり」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「独りよがり」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

独りよがりの意味

「独りよがり」には次の意味があります。

・他人の意見を無視して、自分だけでよいと思い込んでいること。また、そのさま。どくぜん。(出典:デジタル大辞泉)

「独り善がり」と漢字で書く場合もあります。
自分のことだけを考えて一方的に主張してしまう人のことを言います。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・女の独りよがりの勝手な断定というものは、鉄の壁のようにぎくとも動かない。
(出典:豊島与志雄『狸石』)

・今日の文学は社会の要求から見て、何と云っても独りよがりのそしりを免れない。
(出典:戸坂潤『思想と風俗』)

・いいアイディアだと思っていたが、あまりに独りよがりだった。
(出典:西尾維新『少女不十分』)

・幸か不幸か、演劇は、最も、「独りよがり」の許されない芸術である。
(出典:岸田国士『演劇一般講話』)

・それが独りよがりの傲慢になってしまうか、中途半端な安逸に満足してしまうかである。
(出典:倉田百三『女性の諸問題』)

類語

・独善(どくぜん)
意味:他人に関与せず、自分の身だけを正しく修めること。(出典:デジタル大辞泉)

・身勝手(みがって)
意味:他人のことを考えず、自分の都合や利益だけを考えて行動すること。また、そのさまや、そのような態度。わがまま。(出典:デジタル大辞泉)

・自己中(じこちゅう)
意味:何事も自分を中心に考え、他人については考えが及ばないさまをいう。自分勝手。利己的。(出典:デジタル大辞泉)

・自己本位(じこほんい)
意味:物事を自分を中心にして考えたり、行ったりすること。(出典:デジタル大辞泉)

・我が儘(わがまま)
意味:自分の思いどおりに振る舞うこと。また、そのさま。気まま。ほしいまま。自分勝手。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました