無添加とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

無添加

「無添加食材」などのように使う「無添加」という言葉。

「無添加」は、音読みで「むてんか」と読みます。

「無添加」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「無添加」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

無添加の意味

「無添加」には次の意味があります。

あるものの中に着色料や防腐剤などの添加物を加えていないこと。(出典:日本国語大辞典)
無添加をわかりやすく言うと「自然由来のものから作られており体に優しいもの」という意味になります。

具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

無添加、安全を売り物にした素人の手作り食品がなぜ失敗するか、わかる?
(出典:篠田節子『女たちのジハード』)

無添加だし低刺激でとてもいいって言って、僕も、髭剃りの後で使うといいですよってクリームを勧められましたよ。
(出典:柴田よしき『好きよ』)

・現在の人は「無添加」こそ、安全な食品と思っている。
(出典:星新一『あれこれ好奇心』)

・しかも彼女たちの作った無添加低糖ジャムは足が早い。
(出典:篠田節子『女たちのジハード』)

・そのせいでもあるか、数年前から米だけを原料とした昔なつかしい全米の酒が、「無添加酒」などという妙な名のもとに、ボツボツと各地に現われてきた。
(出典:坂口謹一郎『古酒新酒』)

類語

有機(ゆうき)
意味:有機物の性質をもつこと。(出典:デジタル大辞泉)

オーガニック
意味:化学肥料や農薬を使用しない野菜や、添加物を入れていない食料品などをさす言葉。(出典:デジタル大辞泉)

ナチュラル
意味:自然であること。天然であること。(出典:デジタル大辞泉)

無農薬(むのうやく)
意味:植物を栽培する際に農薬を使わないこと。(出典:デジタル大辞泉)

自然食品(しぜんしょくひん)
意味:山野や海などに自然に育った材料を使った食品、あるいは無農薬・無化学肥料の栽培食品をいう(出典:日本大百科全書)

タイトルとURLをコピーしました