無二とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

無二

「無二の親友」などのように使う「無二」という言葉。

「無二」は、音読みで「むに」と読みます。

「無二」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「無二」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

無二の意味

「無二」には次の意味があります。

同じものが他に一つもないこと。並ぶものがないこと。(出典:デジタル大辞泉)

「唯一無二」という四字熟語にも使われており、「唯一」と「無二」は、共に二つもないという意味を表します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・この娘この父親と無二の仲で、貧乏同士で、兄弟のようにしておりました。
(出典:野村胡堂『銭形平次捕物控 15』)

・タクシー馬車の馭者ぎよしやを無二の友にもつありがたみがこれでわかったろう?先生たちはこの男を、何度もあそこから家まで送り届けたから、何でもよく知っていた。
(出典:A・C・ドイル『新潮文庫 シャーロックホームズ全集 ボヘミアの醜聞』)

・又味方とするならば無二の味方となるべしと心に深く思ひ定めつ。
(出典:夢野久作『白くれない』)

・何を見ても値をつける癖のある男と、無二の友達が、ある屋敷に招かれた。
(出典:宇野信夫『江戸の小ばなし』)

・対外発展の無二の大指導者として外征し、イスラム帝国の基礎を築いた。
(出典:佐藤正彰訳『千一夜物語』)

類語

唯一(ゆいいつ)
意味:ただ一つであること。それ以外にはないこと。ゆいいち。ゆいつ。(出典:デジタル大辞泉)

独自(どくじ)
意味:他とは関係なく自分ひとりであること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

独特(どくとく)
意味:そのものだけが特別にもっていること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

独創(どくそう)
意味:模倣によらないで、独自の発想でつくりだすこと。また、そのもの。(出典:デジタル大辞泉)

独自性(どくじせい)
意味:他と違い、その人またはその事物だけに備わっている固有の性質。独特の個性。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました