渚とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

「渚で遊ぶ」などのように使う「渚」という言葉。

「渚」は、音読みで「なぎさ」と読みます。

「渚」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「渚」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

渚の意味

「渚」には次の意味があります。

波打ちぎわ。なぎさ。(出典:デジタル大辞泉)

「なぎさ」をわかりやすく言うと「海や湖の、水と陸の境目の部分」という意味です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

のほうに小さな船を寄せて、二、三人が源氏の家のほうへ歩いて来た。
(出典:与謝野晶子『源氏物語』)

・そこは入洲みたいになっていて、細い水路でから海につながっている。
(出典:梅崎春生『幻化』)

から少しでも遠ざかると、熱い砂の上に足を長く置いておけなくなる。
(出典:帚木蓬生『受精』)

・私も彼の軽い口に、すっかり気が溶けて、いつか肩を並べてを歩いていた。
(出典:蘭郁二郎『腐った蜉蝣』)

・曇っているので空には星もなく、暗い中にの波が仄白く見えるだけだった。
(出典:松本清張『陸行水行 別冊黒い画集2』)

スポンサーリンク

類語

汀渚(ていしょ)
意味:波打ちぎわ。(出典:大辞林 第三版)

水際みずぎわ
意味:水面が陸地と接している所。(出典:デジタル大辞泉)

水辺みずべ
意味:川・池・湖などのほとり。(出典:デジタル大辞泉)

波際なみぎわ
意味:波が打ち寄せる所。(出典:大辞林 第三版)

ほとり
意味:川や池などの水際。(出典:大辞林 第三版)

タイトルとURLをコピーしました