混合とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

混合

「男女混合」などのように使う「混合」という言葉。

「混合」は、音読みで「こんごう」と読みます。

「混合」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「混合」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

混合の意味

「混合」には次の意味があります。

・ 性質の違うものがまじりあうこと。いりまじっていること。また、性質の違うものを混ぜ合わせること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「混合」をわかりやすく言うと「2つ以上のものをまぜこぜにして均一にすること」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・こういう両親を持った私という人間は疑いもなく一つの混合なのです。
(出典:マン/高橋義孝訳『トニオ・クレーゲル/ヴェニスに死す』)

・チームプレーと個人プレーを混合させた野球のようなシステムである。
(出典:阿部牧郎『オフィスラブ――甘い誘惑』)

・現代の混乱といわれるものにおいて、あらゆるものが混合しつつある。
(出典:三木清『人生論ノート』)

・この中には種々多様の悪疫の症状が混合してしるされているそうである。
(出典:寺田寅彦『ルクレチウスと科学』)

・その中には異常なものを見る快感が妙な混合をなして入つてゐた。
(出典:久米正雄『父の死』)

スポンサーリンク

類語

ブレンド
意味:混合すること。特に、洋酒・タバコ・コーヒーなどで、種類・品質の異なったものを数種混合すること。(出典:デジタル大辞泉)

綯い交ぜ(ないまぜ)
意味:種々のものをまぜ合わせて、一つのものにまとめること。また、種々のものがまぜ合わさっていること。(出典: 精選版 日本国語大辞典 )

ちゃんぽん
意味:はっきり異なる二種以上のものをまぜこぜにすること。また、そのさま。(出典: 精選版 日本国語大辞典 )

混在(こんざい)
意味:いりまじること。まじりあって存在すること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

旁魄(ほうはく)
意味:まじりあって一つになること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました