流血とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

流血

「流血沙汰」などのように使う「流血」という言葉。

「流血」は、音読みで「りゅうけつ」と読みます。

「流血」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「流血」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

流血の意味

「流血」には次の意味があります。

流れる血。また、血を流すこと。殺傷が行なわれること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「流血」という言葉は文字通り「血を流すこと」という意味だけではなく、「流血を伴うような殺生」という意味でも用いられます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・信長は自分自身が、流血をことのほか好む人間であることを知っていた。
(出典:新田次郎『武田勝頼(二)』)

・確かこの男は脇腹や肩に傷を負って、かなり流血していたはずなのだが。
(出典:諸口正巳『不死身のフジミさん 殺神鬼勧請』)

・処刑中に死ぬものもあるが、流血をさけるためにこの方法がとられている。
(出典:マルコ・ポーロ/青木富太郎訳『東方見聞録』)

・なんの騒ぎも流血もなく、奇妙な逮捕劇はこうして成功したのでした。
(出典:桐生操『きれいなお城の怖い話』)

・しかし、それで流血と恐怖と住民の不安に終止符が打たれたわけではない。
(出典:近藤紘一『妻と娘の国へ行った特派員』)

類語

溢血いっけつ
意味:身体の組織内などに起こる、点状または斑状の内出血。(出典:デジタル大辞泉)

無惨むざん
意味:残酷であること。乱暴なこと。また、そのさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

酸鼻さんび
意味:むごたらしくいたましいこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

悽愴せいそう
意味:ひどく悲しむこと。非常にいたましいさま。すさまじいさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

惨いむごい
意味:見るにたえないほど痛ましい。残酷である。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました