治癒とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

治癒

「ケガが治癒する」などのように使う「治癒」という言葉。

「治癒」は、音読みで「ちゆ」と読みます。

「治癒」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「治癒」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

治癒の意味

「治癒」には次の意味があります。

病気やけがなどがなおること。(出典:デジタル大辞泉)

「治癒」をわかりやすく言うと、病やケガなどが癒えることです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・その証拠に、破壊された内部の駆動システムも急速に治癒しつつあるのです。
(出典:福井晴敏『∀ガンダム(下)』)

・すでに治癒呪文がかけられていたらしく、痛みは嘘のように軽くなっていた。
(出典:山本弘『サーラの冒険 6 やっぱりヒーローになりたい !』)

・散弾で負傷した脚は、すでに動きに支障が出ない程度には治癒している。
(出典:三雲岳斗『レベリオン 第3巻』)

・しかしこの治癒によって患者が真の普遍性に到達するという保証はない。
(出典:中山元『フーコー入門』)

・彼女が治癒してくれたのか、それともあんな傷は初めからなかったのか。
(出典:奈須きのこ『月姫 白日の碧(シエル・トゥルーエンド)』)

スポンサーリンク

類語

快方かいほう
意味:病気や傷がだんだん治ってくること。(出典:デジタル大辞泉)

快復かいふく
意味:病気がなおること。(出典:デジタル大辞泉)

回復かいふく
意味:悪い状態になったものが、もとの状態に戻ること。また、もとの状態に戻すこと。(出典:デジタル大辞泉)

克復こくふく
意味:困難な事態を乗り越えて、もとの状態にもどすこと。(出典:デジタル大辞泉)

平癒へいゆ
意味:病気が治ること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました