正当化とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

正当化

「自分を正当化する」などのように使う「正当化」という言葉。

「正当化」は、音読みで「せいとうか」と読みます。

「正当化」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「正当化」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

正当化の意味

「正当化」には次の意味があります。

自分の言動などを、道理にかなっているように見せること。(出典:デジタル大辞泉)

つまり「自分を正当化する」とは、「自分が非難されているような場面で、自分の言動の正しさを主張したり理屈をつけたりする」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・それに答えてゆくことが、いつしか自身の低下への正当化となること。
(出典:宮本百合子『獄中への手紙』)

・自己正当化のためならどんなことでも言うのではないか。
(出典:麻生俊平『ザンヤルマの剣士 第二巻』)

・だけど、あなたの苦しみは、他人を苦しめるコトの正当化にはならない。
(出典:中村うさぎ『屁タレどもよ!』)

・自己の正当化に死に物狂いなのは犯罪者だけかと思っていたが、すべての人間がそうらしい。
(出典:岩井志麻子『恋愛詐欺師』)

・ムライのような幹部でさえ離脱するのだから、という形で自己正当化ができるからな。
(出典:田中芳樹『銀河英雄伝説 8 乱離編』)

スポンサーリンク

類語

弁解(べんかい)
意味:言い訳をすること。言いひらき。(出典:デジタル大辞泉)

釈明(しゃくめい)
意味:解きあかすこと。説明すること。また、誤解や非難などに対して、事情を説明して了解を求めること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

自己弁護(じこべんご)
意味:自分自身の利益となることを主張して、自分の立場をよくしようとすること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

保身(ほしん)
意味:身の安全を保つこと。自分の地位、名声、安穏を失うまいと身を処すること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

申開き(もうしひらき)
意味:非難を受けたり疑惑をまねいたりした事柄について、そうせざるをえなかった理由や身の潔白を述べること。弁明。釈明。言い開き。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました