欠陥とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

欠陥

「欠陥品が届く」などのように使う「欠陥」という言葉。

「欠陥」は、音読みで「けっかん」と読みます。

「欠陥」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「欠陥」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

欠陥の意味

「欠陥」には次の意味があります。

欠けて足りないこと。不備な点。(出典:デジタル大辞泉)

「欠陥品が届く」で「足りないものがあったり故障していたりして、完全な状態で使えない品物が届く」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・どんな関係にだって欠陥はあるもので、私たち二人の関係だってそうだ。
(出典:原田義人『城』)

・私は思った、わが友の推論には何か根本的な欠陥があるのではないか?
(出典:ドイル/鈴木幸夫,鮎川信夫,齊藤重信訳『シャーロック・ホームズ全集(上)』)

・そして、それは社会そのものの構造に欠陥があるのだと、そう結論を出した。
(出典:児玉ヒロキ『イット』)

・しかし彼とても一個の人間、彼は彼なりの弱点と欠陥をもっていた。
(出典:シェイクスピア/大山敏子訳『ジュリアス・シーザー』)

欠陥は、どうやら小さな穴が開いているらしくて、砂が外に漏れるんだ。
(出典:ろくごまるに『封仙娘娘追宝録4 夢をまどわす頑固者』)

スポンサーリンク

類語

欠点(けってん)
意味:不十分なところ。足りないところ。短所。あら。(出典:デジタル大辞泉)

不具合(ふぐあい)
意味:状態・調子がよくないこと。また、そのさま。[補説]あからさまに「故障・欠陥」というのを嫌って「不具合」ということもある。(出典:デジタル大辞泉)

不備(ふび)
意味:必要なものが完全にはそろっていないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

瑕疵(かし)
意味:きず。欠点。また、過失。(出典:デジタル大辞泉)

欠損(けっそん)
意味:物の一部が欠けてなくなること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました