スポンサーリンク

概観とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

概観

「概観を得る」などのように使う「概観」という言葉。

「概観」は、音読みで「がいかん」と読みます。

「概観」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「概観」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

概観の意味

「概観」には次の意味があります。

物事のあらましを見渡すこと。また、大体のありさま。(出典:デジタル大辞泉)

「国内の情勢を概観する」という使い方があります。「国内の情勢の大体のありさまをとらえる」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・英語についてのごく簡単な概観を、僕はIやYOUという言葉から始めた。
(出典:片岡義男 『日本語の外へ(下)』)

・以上が今日エジプトを形成してる人間の概観である。
(出典:野上豊一郎 『七重文化の都市』)

・この問題をまず最初に概観することにしよう。
(出典:水上茂樹 『栄養学小史』)

・榎本は、しばらくビルの正面に佇んで、建物を概観し、周囲を観察していた。
(出典:貴志祐介 『硝子のハンマー』)

・その大雑把な概観から、マージョリーは自在師としての目を効かせた。
(出典:高橋弥七郎 『灼眼のシャナ 第4巻』)

類語

概要(がいよう)
意味:全体の要点をとりまとめたもの。(出典:デジタル大辞泉)

要覧(ようらん)
意味:統計図表などを用い、要点をまとめて、見やすくした文書。(出典:デジタル大辞泉)

概要(がいよう)
意味:全体の要点をとりまとめたもの。(出典:デジタル大辞泉)

大綱(たいこう)
意味:大づかみにとらえた内容。(出典:デジタル大辞泉)

通観(つうかん)
意味:全体にわたってひととおり見渡すこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました