楽天的とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

楽天的

「楽天的な考え方」などのように使う「楽天的」という言葉。

「楽天的」は、音読みで「らくてんてき」と読みます。

「楽天的」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「楽天的」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

楽天的の意味

「楽天的」には次の意味があります。

物事にくよくよしないでいつも明るいほうに考えていくさま。のんきなさま。(出典:デジタル大辞泉)

失敗した時などに「次はたぶん上手くいくよ」というような前向きな考え方を楽天的といいます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・他人といっしょのときは、私も、気のいい楽天的な女の顔をしている。
(出典:皆川博子『水底の祭り』)

・この機会に、私の考へや態度を楽天的なりとする一部の批評に答へたい。
(出典:岸田国士『『日本人とはなにか』まへがき』)

・絶望的なものもあれば、楽天的すぎるのではないかと思うようなものもあった。
(出典:小沢淳『ムーン・ファイアー・ストーン4 月光の宝珠』)

・何もわかっていないからこそ、楽天的になれるという考え方はないようだ。
(出典:新田一実『魔鏡の姫神 霊感探偵倶楽部』)

・根が 楽天的なせいかもしれないけど、絶望はしていないんだよ。
(出典:冴木忍『カイルロッドの苦難 9 思い出はいつまでも』)

類語

楽観的らっかんてき
意味:物事をうまくゆくものと考えて心配しないさま。(出典:デジタル大辞泉)

呑気のんき
意味:性格や気分がのんびりとしていること。こせこせしないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

ポジティブ
意味:積極的であるさま。(出典:デジタル大辞泉)

安楽あんらく
意味:心身の苦痛や生活の苦労がなく、楽々としていること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

屈託ないくったくない
意味:心配ごとがなく、さっぱりしている。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました