栄耀栄華とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

栄耀栄華

「栄耀栄華を極める」などのように使う「栄耀栄華」という言葉。

「栄耀栄華」は、音読みで「えいようえいが」と読みます。

「栄耀栄華」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「栄耀栄華」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

栄耀栄華の意味

「栄耀栄華」には次の意味があります。

今を盛りと時めくこと。また、非常にぜいたくなこと。
(出典:デジタル大辞泉)

「栄耀」は「贅沢な暮らしをすること」、「栄華」は「栄えること」を意味します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

栄耀栄華をなさらうと申すのではございません。(出典:芥川龍之介『地獄変』)

・いくら栄耀栄華をしても、果はかないものだと思ったのです。
(出典:芥川龍之介『仙人』)

・そうしてソンナ連中の遺産を一人で掻き集めて栄耀栄華にふけりながら
(出典:夢野久作『継子』)

類語

豪勢(ごうせい)
意味:並み外れてぜいたくなこと。景気がよく、派手なこと。また、そのさま。
(出典:デジタル大辞泉)

驕奢(きょうしゃ)
意味:奢侈(しゃし)にふけること。おごっていてぜいたくなこと。また、そのさま。
(出典:デジタル大辞泉)

豪華(ごうか)
意味:ぜいたくで、はでなこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました