査定とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

査定

「車を査定する」などのように使う「査定」という言葉。

「査定」は、音読みで「さてい」と読みます。

「査定」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「査定」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

査定の意味

「査定」には次の意味があります。

・金額・等級・合否などを調査したうえで決定すること。(出典:デジタル大辞泉)

「査定」は「調べて決める」という意味で、採用や評価や物品の売買をする時など、ビジネスシーンで使うことが多いです。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・これからおれはこいつに勤務状態を査定されるわけか。
(出典:伊島りすと『ジュリエット』)

・近いうちに古物商が下取りの査定にくるからなのだろうか。
(出典:有沢まみず『いぬかみっ!03』)

・おまえの査定なんか俺の腹ひとつなんだぞ。
(出典:柴田よしき『ラスト・レース 1986冬物語』)

・本の査定を頼んだまま、その奇妙な男は忽然と消えてしまったのだ。
(出典:三上延『ビブリア古書堂の事件手帖 2 〜栞子さんと謎めく日常〜』)

・ちょうどその頃、僕は今社長をつとめている海上保険の査定係をやっていた。
(出典:モーパッサン/新庄嘉章訳『-ある女の告白』)

スポンサーリンク

類語

・鑑定(かんてい)
意味:書画・骨董(こっとう)・刀剣・資料などの真贋・良否などを判定すること。目利き。(出典:デジタル大辞泉)

・評価(ひょうか)
意味:①物の善悪・美醜などを考え、価値を定めること。 ②品物の値段を定めること。また、その値段。(出典:大辞林 第三版)

・考査(こうさ)
意味: いろいろ考えて調べること。(出典:デジタル大辞泉)

・調査(ちょうさ)
意味:物事の実態・動向などを明確にするために調べること。(出典:デジタル大辞泉)

・アセスメント(あせすめんと)
意味:評価。査定。開発が環境に及ぼす影響の程度や範囲について、事前に予測・評価することなどにいう。(出典:大辞林 第三版)

タイトルとURLをコピーしました