暦とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

「太陽暦」などのように使う「暦」という言葉。

「暦」は、訓読みで「こよみ」と読みます。

「暦」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

暦の意味

「暦」には次の意味があります。

巡ってくる日・月・季節をしるしたもの。こよみ。カレンダー。(出典:デジタル大辞泉)

この言葉は、時間の流れを年・月・週・日といった単位に当てはめて総体化したものです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・母親に車で乗せていってもらい、は八時ちょっと過ぎに駅に到着した。
(出典:平坂読『ラノベ部 第3巻』)

・そういう思いがというものに爆発的な関心を向けさせたのだろうか
(出典:冲方丁『天地明察』)

・それが翌年には六〇に増え、星三〇年には一五〇に達したのである。
(出典:田中芳樹『タイタニア1-疾風篇』)

・しかし、こうしたローマのによっても正確な一年の暦はできなかった。
(出典:加藤秀俊『一年諸事雑記帳(下) 7月~12月』)

では、 もう一時間も前に東の空を飾っていなくてはならんのだから。
(出典:シェイクスピア/大山俊一訳『リチャード3世』)

類語

カレンダー
意味:暦(こよみ)。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました