時期尚早とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

時期尚早

「まだ時期尚早である」などのように使う「時期尚早」という言葉。

「時期尚早」は、音読みで「じきしょうそう」と読みます。

「時期尚早」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「時期尚早」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

時期尚早の意味

「時期尚早」には次の意味があります。

あることを行うにはまだ早すぎること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

「尚」の字には「まだ」という意味があります。
「時期尚早」は漢字の通り「時期がまだ早い」という意味です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・少なくとも今の段階で犯人を決めつけるのは時期尚早としか言えません。
(出典:西尾維新『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』)

・このメタルテープは時期尚早を理由に商品化は見送られたままになっていた。
(出典:中川靖造『創造の人生 井深大』)

・現在の世論から、その発表が時期尚早であると判断したためである。 
(出典:森村誠一『恐怖の骨格』)

・かくて時期尚早なわたくしの教授活動は終りを告げたのである。
(出典:フロイト/生松敬三訳『フロイト自伝』)

・かくも時期尚早に老いぼれてしまったわが国社会の知性と想像力の涸渇にあるのでしょうか?
(出典:ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(3)』)

スポンサーリンク

類語

早計(そうけい)
意味:早まった考え。十分に考えないで判断すること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

性急(せいきゅう)
意味:気が短いこと。せっかちなこと。また、そのさま。(出典:大辞林 第三版)

軽率(けいそつ)
意味:よく考えずに物事を行うさま。かるはずみなさま。(出典:大辞林 第三版)

早まる(はやまる)
意味:あせって、まだしなくてもよいことをしてしまう。急いだために判断を誤る。(出典:大辞林 第三版)

未熟(みじゅく)
意味:学問や技術などの経験・修練がまだ十分でないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました