時勢とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

時勢

「時勢に合わせた商品開発」などのように使う「時勢」という言葉。

「時勢」は、音読みで「じせい」と読みます。

「時勢」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「時勢」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

時勢の意味

「時勢」には次の意味があります。

時代の推移してゆくいきおい。世の中のなりゆき。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「時勢」をわかりやすく言うと、世の中が変化していく様子という意味になります。年月とともに変わっていく社会や世間の動きをあらわす言葉です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・急転した時勢のなかで、大槻家が危機に面している。
(出典:高田宏『言葉の海へ』)

・就職の容易でない時勢だし、会社をやめさせられたのも、ぼくのへまのせいだ。
(出典:星新一『地球から来た男』)

・こう時勢がひっくりかえっちゃ、もとの新選組で行くわけにはいくまい。
(出典:司馬遼太郎『燃えよ剣 2 (下)』)

・このままここにじっとしていると、時勢に取り残されてしまいそうだった。
(出典:新田次郎『新田義貞(下)』)

・商いが複雑になり、そうしなければ伸びて行けない時勢だったのである。
(出典:半村良『セルーナの女神』)

類語

時流じりゅう
意味:その時代の風潮。流行。はやり。(出典:精選版 日本国語大辞典)

世情せじょう
意味:世の中のありさま。せいじょう。(出典:デジタル大辞泉)

風潮ふうちょう
意味:世間一般の傾向。世の中のなりゆき。時勢。(出典:精選版 日本国語大辞典)

潮流ちょうりゅう
意味:時勢の動き。時代の傾向。(出典:デジタル大辞泉)

世相せそう
意味:世の中のありさま。社会のようす。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました