是が非でもとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

是が非でも

「是が非でもやりとげたい」などのように使う「是が非でも」という言葉。

「是が非でも」は、音読みで「ぜがひでも」と読みます。

「是が非でも」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「是が非でも」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

是が非でもの意味

「是が非でも」には次の意味があります。

善悪にかかわらず。なにがなんでも。(出典:デジタル大辞泉)

この言葉は、善悪にかかわらずどうしてもという強い気持ちを表現しています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・彼の期待に応える為にも、秀吉には是が非でも成功してもらうしかない。
(出典:井上堅二『バカとテストと召喚獣 6.5』)

・今のわれわれは、是が非でもこの惑星から脱出しなきゃならないんだぜ!
(出典:ヴォンダ・マッキンタイア/斉藤伯好訳『宇宙大作戦 スター・トレック3/ミスター・スポックを探せ!』)

・それは、学園都市にとって是が非でも手に入れたいようなものなのか。
(出典:鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第20巻』)

・僕のプライドにかけて、ここは是ぜが非ひでも隠し通しておきたいところだ。
(出典:井上堅二『バカとテストと召喚獣 3』)

・そして彼は、その気持どおり是が非でも天に昇らなければならなかった。
(出典:赤瀬川隼『捕手はまだか』)

類語

必ず(かならず)
意味:確実な推量、または強い意志・要請を表す。(出典:デジタル大辞泉)

如何あっても(どうあっても)
意味:どんなであっても。どのようなことがあっても。(出典:デジタル大辞泉)

如何なる(いかなる)
意味:どんな。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました