明朗快活とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

明朗快活

「明朗快活な性格」などのように使う「明朗快活」という言葉。

「明朗快活」は、音読みで「めいろうかいかつ」と読みます。

「明朗快活」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「明朗快活」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

明朗快活の意味

「明朗快活」には次の意味があります。

明るくほがらかで、生き生きしていること。(出典:四字熟語を知る辞典)

「明朗」は嘘やごまかしなどがなく、明るいという意味があるので、「明朗快活な人」とは、そのような資質を持った人をあらわします。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

明朗快活で頼りがいのある教え上手の講師であることに間違いはない。
(出典:宮部みゆき 『模倣犯 上』)

・いつの間にか、明朗快活が少女の代名詞のようになった。
(出典:新堂冬樹 『忘れ雪』)

・いわば不自然な明朗快活さを身につけるようになるのだ。
(出典:ミラー /大久保康雄訳 『南回帰線 上』)

・大雑把に言うと明朗快活、裏表のない性格、嘘もつけない不器用者だ。
(出典:奈須きのこ 『DDD JtheE』)

・たいがいの者はウラジミールに接すると感染して明朗快活になる。
(出典:サキ 『ザ ベスト オブ サキI』)

類語

陽気(ようき)
意味:雰囲気などがはればれしていること。にぎやかで明るいこと。(出典:デジタル大辞泉)

根明(ねあか)
意味:ねっから性格が明るいこと。(出典:デジタル大辞泉)

天真爛漫(てんしんらんまん)
意味:無邪気で、ほほえましくなるようなさま。(出典:デジタル大辞泉)

朗らか(ほがらか)
意味:心にこだわりがなく、晴れ晴れとして明るいさま。(出典:デジタル大辞泉)

天衣無縫(てんいむほう)
意味:天真爛漫なこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました