新着とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

新着

「新着動画」などのように使う「新着」という言葉。

「新着」は、音読みで「しんちゃく」と読みます。

「新着」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「新着」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

新着の意味

「新着」には次の意味があります。

 新たに到着すること。また、そのもの。(出典:精選版 日本国語大辞典)

品物などが新しく届くことや、その届いた品物のことを言います。
ネット上の記事や動画などを更新した時にも多く用いられます。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・その前には新着の書物を筆太に書いて、人目を引くように張出してあった。
(出典:島崎藤村『破戒』)

・研究室へ帰って新着の雑誌を読んで行くと「音の触感」に関する研究の報告がある。
(出典:寺田寅彦『試験管』)

・そのほかにもリクエストカードの分類、新着本のカバー掛けまで、やることは多い。
(出典:水月郁見『たたかう!図書委員』)

・身の置き場がないような気分で席にもどると、新着のメールが届いていた。
(出典:山崎マキコ『ためらいもイエス』)

新着のビデオも見たかったし、短いエッセイだが今日中に片づけたいものもあった。
(出典:林真理子『短篇集 少々官能的に』)

スポンサーリンク

類語

最新さいしん
意味:いちばん新しいこと。最も新しいこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

出始めではじめ
意味:出まわりだして間のないこと。出たばかり。(出典:デジタル大辞泉)

近着きんちゃく
意味: 最近到着したこと。また、そのもの。(出典:精選版 日本国語大辞典)

ほやほや
意味: できて間もないさま。また、ある状態になって間もないさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

フレッシュ
意味:新鮮なさま。新しく生き生きしているさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました